コラム運用担当です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私はここ最近、ぐずついた天気が続いたせいで、

洗濯物が乾かずストレスを感じています。

ストレスといえば、ある病院のシステム保守で常駐している知り合いがいます。

その病院はコロナ患者の受入れをしている病院で、

知り合いは日々、感染の不安を感じているそうです。

そして最も大きなストレスは、

院内から向けられる「コロナと接触している」という偏見の目です。

他の患者への院内感染のリスクを下げるための必要措置として

コロナ担当・非担当を役割ないし部門を隔離することは珍しくありません。

しかしこれが医療従事者の間で「分断」と言えるような

状況を生み出していることは少なくないようです。

こうした中で、医療者が孤立しないような対策を講じている病院もあります。

管理職との面接・グループで集まる場を定期的に設けて、

現場からの相談を受ける体制の確立や、

精神看護専門看護師によるケアチームの結成し、

人間関係の悩み・トラブルなどを聞き取る取り組みを進めています。

どこも共通しているのは、「何かあれば相談できる場所がある」という安心感と

一体になるための環境を作り出すことのように思えます。

そして私たちも皆様のお役に立てるよう邁進してまいります。

何かお悩みの際は、まずはお気軽にご相談ください。

問い合わせはこちら

——————————

株式会社CBコンサルティング
業務改善サポートセンター

0120-987-460

——————————